この手のサイトは本当に巧妙かつ多種多様だと思います??

 

一般的なサイトからでも容易に連動して該当サイトに移行してしまいます。

 

無料だという触れ込みでも気がつくと有料サイトに画面が、いつのまにか移行してしまいます。本当に気をつけていなければいけません。対処方法ですが、当たり前ですが、まずはその手のサイトに近づかないことです。自分では気がつかなくてもその手のサイトにアクセスしてしまうので、変換文字には気をつけていなければいけません。有料アダルトサイトの画面に何らかの影響でなってしまった場合は即座にそのサイトの画面を消す事です。もし画面が消えなければ電源を強制的にOFFにすることにした方がいいと思います??誰しも有料画面で特に請求画面を見た場合、後ろめたい気持ちになり動揺することがあるかも知れませんが、毅然とした対応が必要です。ワンクリックしただけでそのような画面になる場合もありますが、同様の対応が必要です。そのような画面を運営するサイトはほとんどと言っていいほど詐欺集団によるものと思われます。

 

eメールでも以下の経験があります。ある日突然、「○○だけど、アドレス変わったから登録宜しく」「久しぶり、元気だった?」「最近暇だから飲み行かない?」「どうして返信くれないの?」一瞬知り合いの、あるいは昔の同級生からのメールかなと錯覚します。
特に一人暮らしで時間をもて余している人や失恋したばかりの人や、飲んで気が緩んでいる人は気をつけておかないと容易に引っかかる可能性があります。また「100万円を受けとる権利をあなたは得ました。おめでとうございます??しいては、受け取りの方法をクリックして下さい」「あなたに○○億相続いたします。ぜひ受け取って下さい。つきましては受け取りの方法をクリックして下さい」とか、お金が容易に手に入るような出口で我々を誘ってきます。これもお小遣いが欲しいと思っている人、借金がある人、一攫千金を夢見ている人、普段から宝くじを購入している人、飲んで気が緩んでいる人等は要注意です。いずれも人の心理を上手くついています。お金が欲しい、自分だけにこの手のメールが来ている、彼女が欲しい、援助交際がしたい、メールは密室で行えます。

 

 

 

人間の弱さが露呈するから陥る事なんです。先ほども書いた以外に、例えば法外な金額を要求されたとしても一切無視する、例え少しだけ心あたりがあったとしても無視する、それでも心配なら警察に連絡する、消費者センターに連絡する等必ず一人で悩まないという事です。この手の話は、どうしても恥ずかしい、妻に言えない、彼女に言えない、親に言えない、友人に言えない等内向きな行動をどうしても取ってしまう傾向があるのも後が立たない要因ではないかと感じます。
では正式な有料アダルトサイトとそうではない有料アダルトサイトの区別はどこにあるのか?そもそもその点を理解している人が一体どれほどいらっしゃるでしょうか?この事もこの問題を複雑化、深刻化している要因ではないでしょうか?この点も他人には聞きにくい事だと思います。

 

 

 

もし友人や親や妻や彼女に容易に聞ける内容であればもっとこの問題は複雑化しないで、また深刻化しないで済んでいる??あとこの手のサイトを運営している団体が所謂いかがわしい、または反社会的勢力だったりする可能性が否定できない以上、問題が内向的になる一因だと思います??オレオレ詐欺を見てもアダルトサイトと同じような問題性を抱えていると認識します。人の弱さにつけこむ点ではアダルトサイトもオレオレ詐欺も似ている点があるのも一因です。いずれにしても一切タッチしない、たとえ画面に移行したとしても直ぐ画面消去する、請求画面が気になるなら公の外部機関、消費者センター、警察、市町村の該当窓口、あるいは信頼できる第三者に相談する事です。大事なのは決して一人で悩まないという事です。
この手のサイトを運営する団体は基本的に金儲けという短絡的な思考しかありません。人を有益な情報で心を富ましたり、自己啓発につながると言ったことは決してありません。所詮時間、お金の浪費、心の廃退、良心の呵責、精神状態の不安定につながるだけのものです。自分にとって有益な物に目を向けるようにしましょう。ランニング、ウォーキング、ハイキング、ジムに通うのは如何でしょうか?読書、特に雰囲気のいいカフェでの読書は気持ちが落ちつきます。仲のいい友人との語らい、食事、犬やネコを飼うのは如何でしょうか?生き物とのふれあいは心が充足します。普段行かない、または行った事のない場所への旅行も現実を忘れ心身ともにリフレッシュできます。趣味に時間を費やすことも有益だと思います??好きな事をしている時は時間を忘れるものです。

 

 

いろいろ書きましたが、有料アダルトサイトは益のない害しか及ぼさないものだという認識をまずはしっかり持つ事が重要と判断いたします。

 

ページの先頭へ戻る